Top
カテゴリ:会社( 20 )
イニシャルコストとランニングコスト
建築に限らず、何かをつくる仕事をしている人にとって、
常につきまとうのが、
「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」のバランスである。

後々のメンテナンス性を考えると、イニシャルコストを上げた方がよい。
また、ランニング時の不具合のリスクを避けるためにも、イニシャルコストが必要だ。

しかし、事業性が成り立たなければ、プロジェクトは承認されない。

設計者として、ギリギリの性能を担保できる、ギリギリの設計をしつつ、
守るべき線は守る。というのが理想的だが、
その守るべき線がどこか、ということにとても迷っている。
その線の見極めを間違ってしまえば、瑕疵責任を問われ、損害賠償責任がかかってくる。

だから、どこまでが守るべき線です、とプロとして、
きちんと見極めて、主張しなければならない。
どこまでが想定内で、どこまでを想定外とするか。
想定内とすることは、どこまでも主張し、守らなければならない。
決して事業性をよく見せたいという誘惑に負けてはならない。

という絶妙な状況の心境をつづってみました。
by yonedy7 | 2012-10-28 22:33 | 会社
建具
会社独自の詳細図集というのがあり、その改訂作業に関わっている。
(詳細図は苦手分野なので、修行のため、メンバーにされてしまった。)

今夜は、その詳細図と国交省の詳細図集を見比べ、まるで間違え探しのように、
どこが異なるのかをプロットしていく作業。
その後、どの部分を改訂する検討をする必要があるか、を検討する作業に入る。

私の担当部位は建具なのだが、結構微妙な、鋼板の折り曲げ部の端っこの納まりとかが
異なっていて、それで結局何が性能に影響するのか、というところまで辿りつくのは、
なかなか遠い道のり。

こういう作業はまさに修行である。

正直なところ、誰かがまとめてくれたのを使うのがいいのだが、
しばらく建具マスターになってやろう。
by yonedy7 | 2012-10-03 03:19 | 会社
新年度
新年度が始まって6日目。
ついに社会人5年目突入。

仕事面で、昨年度最大の反省点は、
受注目標が達成できなかったこと。

新年度が始まってから、その惨敗を挽回するために、
今年度の目標達成のためのプラン、
方針→戦略→戦術→具体的な行動 + スケジュール
に思いを巡らせて入るが、容易なことではない。

だけれど、これを明確にしなければ、昨年度の二の舞。
いかに具体的な行動、スケジュールにまで落とし込めるかが勝負。

ビジネス本とA4コピー紙と缶ビールを伴にぐるぐる、ぐるぐる。
by yonedy7 | 2010-04-06 22:42 | 会社
情報
後輩が、仕事のやり方を見直すためのフロー図を作っている。

よく言う4つの経営資源「ヒト、モノ、カネ、情報」という切り口から、
顧客の課題、対策、具体的なアクション、
それに対する我が社のソリューションやサービスという考え方を、
フロー図に整理している。

これがなかなかよくできていて、とても面白い。
(ここでお見せできないのが残念)
例えば、
モノ→経営環境の悪化→事業所の閉鎖→
遊休地の発生→売却、借地、多用途への転用→
利活用方法の検討コンサル
といった具合。

今までぼんやりと個人が考えていたことを、
フロー図として「見える化」することで、
整理され、チームで共有することができる。

ただ、情報というのが曲者。
他の3つ「ヒトモノカネ」とは、少し異なるステージにあり、
それを直接サービスに結びつけるフローにはならない。
どういう切り口で攻めるか、考え中の模様。
来週の月曜日に発表してくれるのが楽しみです。
by yonedy7 | 2010-02-26 23:02 | 会社
駆け込み寺
私の隣の隣の部署に、
ものすごく的確なアドバイスを返してくれる人がいる。

「的確な」、というのは、とても難しい。
無理矢理なポジティブではなく、決してネガティブでもない。
ぐるぐると回っている無限ループをサクっと断ち切る考え方を、
さらさらと話してくれる。
決して押しつけがましくない。

隣の隣の部署という距離感も丁度よく、
私も、ある程度状況を一般化して話ができているのかもしれない。

ほんとに疲れた時、話を聞いてもらう駆け込み寺です。
by yonedy7 | 2010-02-25 01:23 | 会社
仕事の法則?
最近気づいたのだが、
仕事というのは、比例直線のように少しずつ増えるのではなく、
2次曲線、3次曲線のごとく、まるで倍々ゲームのように増える。

作業自体の拘束時間が増えているわけではなく、
頭の中が仕事のことを気にしている時間が増えている。

経験値が増えれば、ひとつのことに対して、
考える視野が広がる。
視野が広がれば、調べたり、企画をつくったり仕事がいくつも発生し、
そうすることによって、次の仕事の視野はさらに広がる倍々ゲーム。

現実に進行しているプロジェクトと、
何十もの妄想プロジェクトが進行中。
by yonedy7 | 2010-02-21 11:02 | 会社
7月1日
今日は新年度の始まりのような日です。

仕事のこと、いろいろ考えていると、
どうしても目が冴えてしまったので、
そろそろ家をでることに。

机の上や棚の荷物を片づけて、
スッキリとした気分で新年度を迎えます。

昨日はついに施主からの計画了解のサインが出た。

止まっていたプロジェクトがようやく本格的に動き出す。
確認申請その他の行政対応、近隣説明など、
お盆までの一ヶ月半が正念場。

そろそろ、テンパッていても、
周りに悟られないように振る舞いたい。
by yonedy7 | 2008-07-01 06:00 | 会社
父島
来週の一級建築士の模試で50点以上とれたら、
父島に行ってもいい、という話をもらった。

父島への船は、火曜東京出発、日曜東京着の週1往復のみ。
仕事は確認申請書の村役場への提出。
そのあと4日は完全にバカンス。
シュノーケリングとか、夢が広がる。

しかし、「行けるかもしれない」というのがミソで、
行ける条件が、
1.現在の担当業務の確認申請図面が完成していること。
 (提出すればよいという状態になっていること)
2.父島に行く時期が、会社の一級建築士講座に重ならないこと。
3.事前協議で、緑化申請や土壌汚染調査の免除を、
  都の建築審査課を折り合いをつけてくること。

ああ、父島〜
by yonedy7 | 2008-04-19 16:24 | 会社
1年11ヶ月
就職して1年11ヶ月がたつ。

現場に行った帰り、監理担当者が、
枯れたシダ植物の植栽を写真におさめていた。
目に見えて分かりやすい植栽は、施主からのクレームに多い。
同じ失敗をしないため、記録に残しておくためだと言う。

いい仕事をするために真剣に過ごしている人と仕事ができることは、
仕事のクリエイティブレベルが高い、
ということと同じくらい重要なことだと気付く。
by yonedy7 | 2008-03-02 10:50 | 会社
雪山
昨日は、打ち合わせ先の窓から、
真っ白な富士山。
冬は空気が澄んでいて、キレイな空だった。

しかし、なかなかプロジェクトは進まず。
1歩進んで、0.9歩戻る。

ひとまず、撤去はようやくスタート。
早く新築の了承をもらわねば。
by yonedy7 | 2008-01-26 15:09 | 会社


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31