Top
<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
本日2本目
コルビュジエ旅行記。続きを更新いたします。

次は、あの色とりどりのガラス窓と造形的な外観で有名なロンシャン教会。

パリ・リヨン駅から、TGV (特急)に乗って、ベルフォールト駅へ。
約2時間。窓から見えるのは、ひたっすら、田舎の風景。
でも、丘のようになだらかな山や突然現れる小さい村や小さな教会。何もかもが新鮮で目が離せない。

e0059037_049263.jpg


ベルフォールト駅からは運良く、1日に数本しか出ていないというローカル列車にて、ロンシャン駅へ。
(この辺の行き方はcasa Brutusのお世話になりました)
駅からひたすら山道を歩くこと、20分。
一山超え、もう歩きたくない〜! というタイミングで、白くて、黒い屋根を載せたコンクリートの塊が現れる。



本では何度も見たことのある、有名な建築。

まずは外観をぐるり一周。
正面は有名だけれど、裏面はあまり見たことがない。


e0059037_1583826.jpg


e0059037_157252.jpg



愛嬌のある形の雨樋たち

e0059037_265030.jpg


コンクリートという物質のもつ圧倒的な重量感とロンシャンの丘という場所に対する建築。
なんていうか言葉ではうまく言えないんだけれど、3次元曲面による、つつまれた感じの空間。
もうすばらしくって、ため息が尽きない。
スケッチをしたり、ぼうっとしたり、
コルビュジエ空間に浸っているとあっという間に3時間が経っていた。

内部
e0059037_1123941.jpg















e0059037_282923.jpg


















さてさて、山の天気は変わりやすい。
着いた時は曇り。
突然の雨。
そして、気持ちのよい快晴。
一緒に行ったrikaは虹を見たらしい。(残念ながら私は見逃したー!)

e0059037_26101.jpg














どんよりした曇りの時は、穏やかさの中に力強い存在感をもち、
雨の時は控えめでとてもやさしく、
晴れの時は、堂々として鮮やかで。


数時間のうちに様々な表情が見れ、大満足の1日でした。


最後に、今日kinoさんから聞いたコルビュジエ情報。
コルビュジエの作品で最も感動的なのは、コルビュジエのお墓らしい。
亡くなった奥さんのためにつくったお墓で、場所はニースの休暇小屋のそばらしいです。
う〜ん、かなり行ってみたい。

あっ、そういえば、その前日に泊まったラ・トゥーレットの修道院を飛ばしてしまった!
また、明日。
by yonedy7 | 2006-03-29 00:46 | 建築
卒業
3月24日。
卒業式を迎えました。
卒業設計展やらで、直前までバタバタしていたため、
卒業するという実感が全くなかったけれど、
卒業証書をもらうとさすがに、ぐっときた。
無事に卒業できたことがとてもうれしい。

式では袴を着て、謝恩会ではドレスを着て。
「孫にも衣装」って言葉もあったりするけど、
やっぱり女の子って楽しい、と思うのはこういう瞬間☆

小学生から大学まで17年もの青春学生生活。
特に最後の3年、横国での日々はとっても濃くて楽しかった。
そんな日々もあと5日で終わり。
もう、みんなに一斉に会うことはないのかなあ。
って、書いちゃうと、妙にしんみりしてしまう。

みんな、楽しい日々をありがとう。

4月からは、新たな場所で、新たな仲間と、精一杯闘わなければなりません。
ぐうたらな私にとって、社会はとても厳しい場所でしょう。
気を引き締めて。
もう、手を差し伸べてくれる友達はいないのだから。

そして、どんな形であっても、この先も、ずっと '建築' に関わり続けてゆけたらなあと思います。

ハイ!
祝 ☆ 卒業。
by yonedy7 | 2006-03-28 23:50 | マメ
つづきまして
ガンガン更新してます

ベネチアから夜行列車に乗ってニース経由マルセイユへ〜。
マルセイユといえば、目的はコルビュジエのユニテ。
泊まってまいりました。

実はこの建物の立地、かなりの郊外。日本もフランスも、ダメな郊外はさして違わない。
車社会と大型ショッピングセンター。

面白いのは、ユニテの外観、カラフルなバルコニーをもつ集合住宅が周辺に数棟建っていること。
もちろん、コルビュジエのユニテの力強さの足下にも及びませんが。
e0059037_2184062.jpg


内観。
e0059037_219636.jpg
太陽の光がとっても気持ち良い共用廊下(?)














ピロティ。
ひとつの街区が馬鹿でかい郊外だからこそ、色々な人がピロティの下を抜けてゆきます。
おじいちゃんもベビーカーの親子づれも犬の散歩中の少年も。
e0059037_2221735.jpg



屋上
実は私、生まれて初めてのコルビュジエ建築。
コルビュジエの建築ってとっても楽しい。
5原則とか、もっと堅苦しいのかと思っていたけれど、
自然と歩き回りたくなることに驚く。
ユニテの屋上を何周もぐるりぐるり。
e0059037_22676.jpg


ここから3日間、コルビュジエ漬けが始まります。
by yonedy7 | 2006-03-17 02:27 | 建築
blog再開
ハイッ! 約2ヶ月さぼってましたが、
「豆っ。」再開しまっす。

春ですねえ。
3寒4温という通り、春と冬の陽気を繰り返しつつ、着々と春。
わいわーい。

さてさて・・・
卒業設計終わってからというもの、遊び呆けてました。

この2か月間にやったこと。書き出してみます。
いやあ、なかなかのハードスケジュール。
まずは、出発の3日前に航空券の予約がとれた、
という超ギリギリのヨーロッパ旅行。
共に旅立ったのは、研究室の友達 パワフルgirl・rika

2月9日 成田発
10日〜 イタリア(ローマ/フィレンツェ/ヴェネツィア)

e0059037_1153375.jpg

ローマ
e0059037_111842.jpg

ベネチア

14〜  フランス(マルセイユ/リヨン/ロンシャン/パリ)
20〜23日 オランダ(アムステルダム/ロッテルダム)
2月24日 成田着



そして、その2日後には、☆南国バカンス☆
15人という大所帯での卒業旅行〜。
2月26〜3月3日 タイ・プ−ケット

で 、
南国ボケの頭を叩き起こして、
3月11日〜13日 仙台 卒業設計日本一展

そんなこんなで、あと一週間後、卒業式です。
by yonedy7 | 2006-03-16 23:59 | マメ


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31