Top
<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
無意識
1月に入って、定期を久しぶりに買った。

もうすっかり慣れたが、定期利用を再開して数日間は、
自動改札通過の最後の1、2歩、小走りになっていた。

パスネット(磁気カードによるプリペイドカード式の乗車カード)は、
自動改札機を通すと、カードの裏にに利用区間・残金が書き込まれる。
そのため、自動改札機をカードが通過するのにかかる時間が、
定期に比べ、ほんの少しだけ長い。

もともと、定期の通過するスピードと歩くスピードはほぼ等しい。
パスネットの場合、なめらかに自動改札を通過するには、
カードを受け取る前に、意識的に若干スピードを緩める必要がある。
1ヶ月間、その不自然な動きを反復することで、
無意識に足がスピードを緩めるという筋肉の動きが、身体に染み付いた。
おそらく、0.10秒くらいしかない差だが、朝の通勤ラッシュの中で、
この僅かな時間は、大変貴重で、滞るとたちまち人の列が発生してしまう。

人間の感覚というのは、計りしれないなあと、改めて感心すると同時に、
そんな鋭い感覚を通勤ラッシュごときに駆使せざるを得ないという日常を
少し空しく感じた。
by yonedy7 | 2007-01-16 00:47 | たわ言
虹色タイル
久しぶりに講演会へ行った。
三田の建築会館で開催中の「山田守展」のシンポジウム。

山田守は、分離派からモダニズムの時代を生きた日本近代を代表する建築家であり、
京都タワーや武道館は彼の晩年の代表作。

今日一番の収穫はというと、山田守建築のタイルのお話。

「 山田守のモダニズムは、磁器質タイルのホワイトキューブである。
  東京厚生年金病院のタイルは虹色でぬるぬるだ。」

「虹色でぬるぬる」とは、タイルの表面に独特の光の反射が起こり、
まるで水たまりに油が浮かんでいる状態のように、
建物の表皮全体がぬるぬる虹色に光るらしい。
(見てみたかった。現存しないのが残念でならない。)

さて、ここからが井上章一さん(大学で建築を学び現在は人文学者)の面白い話。
建築家とは全く異なる切り口で話が展開される。
現在、虹色でぬるぬるのタイルを手に入れるにはどうすればよいか?
TOTOやINAXなど、一般のタイル業者のカタログには虹色ぬるぬるタイルはない。
特注で高価になってしまう。では、どこで入手出来るのか? 
答えは、ソープランドや遊郭などの色物建築の建材を専門に扱っているタイル業者だと言う。
なるほど。確かに需要はありそう。
しかしな、そんな独自のルートがあるとは。。。
しかも、そのルートでしか手に入らない材料があるなんて。
2007年。初の驚き。
by yonedy7 | 2007-01-14 03:26 | 建築
メンタルヘルスセミナー
再来週、会社で「メンタルヘルスセミナー」という、
ヘンテコリンなセミナーに参加することになった。

鬱になって出社拒否になったり、体調を崩すような人は思いの他多い。
それ程のストレスを抱え込む前に、自分でストレスコントロールする方法を
学びましょう、というような趣旨のセミナー。

 会社という組織に属していながらも、相も変わらずマイペース人間の私は、
他人のメンタルヘルスを害する側なんじゃないかと思ったりする。
(ということは、他人のどんな行動に多くの人がストレスを感じるかという視点で受講すべきか・・・)
また、一度のセミナーで軽減されるくらいのストレスと
鬱につながるストレスは根本的に種類が違うのではないかという疑問が湧いてくる。
まあ、きっと何かしらの収穫はあるだろう。
by yonedy7 | 2007-01-09 21:55 | 会社
方針転換
めっきり更新頻度が落ちていることを解消するため、
新年早々だが、ブログ「豆っ」の方針を変えることを思いつく。

新たなブログルールは、
「週3回 とにかく書くこと」


こんなことを急に思い立った理由は以下。
1. 元々、「マメ」な生活を目指し、自分自身の日々の記録として、つくったブログのため、
日々の生活に基づいて、更新しなければ意味がない。
2.最近、人に読んでもらうことを意識したゆるい口調の文章になってしまうことに
違和感を感じていた
3.今年は25才になってしまうため、四捨五入ハタチの間の記録をできるだけ多く残したい。

そして、最大の理由は。。。
今日行った、ワタリウム美術館の展覧会で、ちょっと変わったアンケートを書いた時感じたこと。
「頭の中に浮かんだことを思いのままにアウトプット出来るというのは何と気持ちいい!」
展覧会のアンケートは、たいがい見た感想の質問だから書かない。
で今日のアンケートは、
「4Fのイラストの人がみんな汗を書いているのはなぜでしょう?」という質問。
猛烈に妄想力が回転し始める。ちなみに私の回答↓
「20××年。メタボリックシンドローム対策とデトックス効果を狙い、
 週に一度、通常生活の89倍の発汗作用のあるガスを充満させることが
国の方針で決まったから。」(この超妄想解答はさらっと流して頂きたい。)

超どうでもよい妄想を書きつづることによって、 久々に味わった文章を書く爽快感。
ホント、思いのほか、スッキリする。

よって、更新頻度をあげる→
たまには意味のありそうなネタ(旅行ネタとか)も出てくるはず→
どうでもよい話題を心おきなく書ける。 という思考回路。

では、明日より週3更新ブログスタート致します。
by yonedy7 | 2007-01-09 02:50 | マメ
年を越して解決。
e0059037_22441230.jpg


年末から、久しぶりに勉強に励んでいる。
自発的にというよりは、年明け早々必要に迫られそうなため。
こういう類の本は、いくら実際に条件のない机上で勉強してもあまり頭に入らず、
結局時間の無駄のような気がするが、
せめてどんな項目があるかという概要くらいは最低限頭に入れなければ、実際に使えない。
と、自分に言い聞かせながら読み進める。
ようやく半分読破。
あと半分。



それはそうと、昨年秋に四国旅行で発見した外壁階段パチンコビルの訳。
年を越してようやく解決。

建築基準法35条により、 災害時に安全に屋外へ避難する為、
直通階段に至る歩行距離は決められている。
パチンコ店の場合、30m以下。
よって、写真のように、10mぐらいの間隔で4本の階段が必要になるという解決もいたしかたない。
という訳のようです。

やっぱり外壁階段パチンコビルのデザインは好きになれないけど、
もやもやが解決したのはウレシイ。
by yonedy7 | 2007-01-07 23:48 | 建築
2007
新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今年の抱負を2つ。
「忍耐力」
「好奇心」
私自身の短所と長所と自覚しているところを一つずつ挙げてみました。長所は伸ばしつつ、短所は人並みに…。
今年は、辛いときでも顔に表すことなく耐え、好奇心を持って幅広く挑戦し、笑顔の多い一年にしたいと思います。ずいぶん抽象的ですが。
そして、仕事面では、やり切るという責任を持って、自分のやりたいことをやりたいとハッキリ言える人になりたいです。
以上。2007年の抱負です。
by yonedy7 | 2007-01-02 22:43


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31