Top
タグ:建築 ( 2 ) タグの人気記事
近況
また随分と間が空いてしまった。

ここ一週間で、仕事は随分と落ち着き、
労働時間は2/3倍、睡眠時間は3/2倍というすばらしく健全な生活を送っている。
しかし、一度染みついた生活週間が2時間余り前後するというのは、
それが健全な方向であっても、容易には身体がついてきてくれない。


話は変わり、
最近はまっていることは、本を買うこと。(つまり、買う=読むではない…)
古本屋は、1000円前後でたいていの本が買えるので、ついつい手が伸びる。

今、読んでいるのは、
「建築の現代思想 ポスト・モダン以後のパラダイム 」
もう20年ほど前の本なので、現代と言っても既に前時代ではあるが、
様式主義〜近代〜現代の流れが分かりやすく、学んでいる。
(たぶん、余りに私が建築史の知識に乏しいため、
 時代の流れを拾って読んでいるが、本来はもっと違う読み方のはず)
そして、図版が多いのもよい。

それから、広島育ちの私にとって、
夏=昆虫採集のイメージなので購入したのは、
「昆虫 -脅威の微小脳」
実家の畳に寝ころんで、喧しい蝉の音を聞きながら読みたい一冊。


ところで、先週新潟中越沖地震が起こった時、
私は、東京カテドラル聖マリア大聖堂(設計:丹下健三)の中にいた。
あの大空間にいて、地面とコンクリートの塊が、
ぐらんぐらん揺れているのを感じとり、動けなかった。
たかだか震度3程度。
設計に携わるようになり、‘地震’は、私にとって、
近い脅威として受け取るようになった。
私が死んで、築100年の建造物になったとしても、
自分が、人の命を間接的に奪う可能性を否定できないということだ。
by yonedy7 | 2007-07-23 02:50 | たわ言
雑文
今日は、ぐだぐだだった。
だいたい私の仕事は、一週間に一度ペースで締め切りがあるのだけど、
今一番近い締め切りは、3週間後。
もともとスケジューリングが苦手な私が、3週間後を目論み、
毎日緊張感をもって仕事をするのは非常にきつい。
人間は、締め切りに追われないと、つい怠け心が出てしまう。

どうにも集中できないため、ほぼ定時帰り。
地下鉄を根津で途中下車し、ふらりふらり。
根津の路地や古い木造家屋はほっと心が緩む。
それはそうとして、最近のデザイナーズマンションブームで、
幹線道路沿いの集合住宅の多くは、
よくも悪くも、数年前より遥かに「デザイナーズ」っぽい。
なのに、ちっとも町の風景がよくなっていると感じないのはなぜだろう。。。
結局、敷地の中の出来事でしかない。プロダクトと同じ感覚で、建物がつくられている。

今週発売の新建築住宅特集3月号で、知り合いの設計した住宅が載っていた。
呉高専の吹奏楽部で知り合った、私が1年生のときの5年生の先輩。
この人が部室でエスキスに熱中し、研究室で徹夜の毎日を送っているのを見ながら、
もしかしたら、建築はとておもしろい分野なのかもしれない、と感じた。

知り合いの活躍というのは、とても刺激される。
私は何年後、この先輩と同じ世界に立てるのか。
30になったとき、何かカタチを残したい。

(今日はほんとに雑文ですね)
by yonedy7 | 2007-02-23 23:17 | たわ言


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31