Top
精度についてぐるぐる
仕事をしていると、ふと考えること。
精度について。

材と材の間の精度。
例えば、目地の幅、チリの厚み、曲げのカタチなど、
頑張って縮めることは出来なくはないけれど、
それを頑張ることが、妥当なのか、ということ。

自分の関わっている建物にとって、
過剰かどうか。
設計事務所として、
確実さを何パーセント担保できるかどうか。
施主の営業利益を注ぎ込み、
僅かな違いによって生まれる効果を、
論理的に説明しきることができるかどうか。

施工レベルによっては、破綻を招くかもしれない、
だけど、監理によっては、上手くいく。
だから、頑張ってみたい。
そんなところを ぐるぐる ぐるぐる。
by yonedy7 | 2008-01-22 02:57 | 建築
<< 雪山 新年なので >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30